スポンサーサイト

  • 2010.06.16 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


死刑執行は慎重に考えたい…再任の千葉法相(読売新聞)

 8日に発足した菅内閣で法相に再任された千葉法相は9日未明にかけて開いた記者会見で、死刑執行について、「究極の命を奪うという刑罰なので、慎重に考えていきたい」と述べた。

 千葉法相は昨年9月に大臣に就任して以来、一度も執行しておらず、改めて慎重な姿勢を示した。

 千葉法相はまた、刑場や死刑囚の処遇などの情報を公開した上で、死刑制度について国民に考えてもらう環境を整えることが必要だとの考えも明らかにした。

「父親に贈りたい言葉」「娘に言われたくない言葉」は何ですか?(Business Media 誠)
カメ 甲羅に落書き「カメデス」 甲府の舞鶴城公園(毎日新聞)
女性労働力、445万人増可能=男女共同参画白書(時事通信)
父と小6次女が死亡か=店舗兼住宅で火災―愛知(時事通信)
日テレ社員装い、5万円詐取容疑(産経新聞)

経営改革「病院の使命・役割の明確化を」(医療介護CBニュース)

 福岡県の田川市病院事業管理者の齋藤貴生氏は5月28日、全国自治体病院協議会が開いた「自治体病院管理者研修会」で「自治体病院の経営改革―課題と解決策―」をテーマに講演し、病院の経営改革では病院の使命・役割の明確化が重要だとの考えを示した。

 齋藤氏はまず、自治体病院の経営状態悪化の要因には、医療を取り巻く環境の変化と自治体病院特有の問題点があると指摘。
 さらに自治体病院特有の問題点として、企業性の欠如やガバナンス構造の脆弱性などを挙げ、対応策として、▽ガバナンス構造の適正化▽戦略経営の導入▽自主性の醸成―が必要との考えを示した。

 ガバナンス構造の適正化では、「地方公営企業法一部適用(一適)」「地方公営企業法全部適用(全適)」「一般地方独立行政法人(独法)」の経営形態ごとに、▽法的制約の緩和▽公共性と経済性の両立▽持続的な存続の可能性-の3つの指標で評価した結果を提示。
 全適、独法が一適よりも比較的評価が高いことを示す一方、独法と全適を比べると、独法は公共性と経済性の両立の実現可能性が全適より優れ、全適は持続的な存続可能性が独法より優れているとした。その上で、「最適な一つの経営形態はない」と結論付けた。

 戦略経営の導入では、業績を上げるため、企業で用いられている戦略経営の導入が必要だとして、その手法を紹介した。
 それによると、まず病院の基本理念や使命・役割を明確化した上で、外部環境と内部環境の分析を経て問題点を抽出する。その後、具体的に何をするのかの戦略を設定し、戦略目標などを立てる。実行後は業績評価を行うことが重要だとした。
 齋藤氏は、使命・役割の明確化の重要性を強調し、「ここがあいまいだと、後でぶれてしまう。病院の都合によって変えたくなるが、それを変えないことが重要だ」と述べた。

 自主性の醸成では、「行政主導」から「医療主導」の病院に転換する必要性を指摘。管理者や院長が「医療的思考」で医療者のやる気を喚起し、「企業的思考」で経営情報を提供して、医療者の経営に対する理解を向上させるべきとした。

 また齋藤氏は、地域中核・公立病院の再生には、診療報酬の引き上げや医師の増員と偏在の解消などの施策が必要だと強調。自治体病院の経営改革に当たっては、各自治体病院が医療経営を向上させることや、大学などとの連携を通して、公立病院の課題とその解決策の研究、実践を進めることが重要との考えを示した。


【関連記事】
赤字解消につながる対策とは―県立病院長が講演
経営改善は「喫緊の至上命題」―全自病・邉見会長
医師確保対策などで要望書−全自病など
ヘルスケア分野のMBAコースを開設―国際医療福祉大大学院
自治体病院の経営改善で地方財政措置を大幅拡充

首に針金、腹に刺し傷 京都で男性現金奪われる(産経新聞)
「罷免は沖縄を切り捨てること」 福島氏、鳩山首相を批判(産経新聞)
連立解消を、閣外協力も×…社民沖縄県連(読売新聞)
子ども手当、自治体翻弄 短い準備期間、事務煩雑(産経新聞)
司法協会など検証へ=公益法人仕分け最終日―刷新会議(時事通信)

この国をどうやって守る 本気で防衛論議を(産経新聞)

【from Editor】

 普天間基地移設問題は約束の5月末決着が先送りされ、問題の本質がますますぼやけてしまった。

 本来は、普天間基地周辺住民の安全と騒音問題を解決することが目的だったのが、鳩山内閣のおかげで、安全問題も騒音問題も解決されないまま、「公約違反の責任論」ばかりがかしましい。周辺住民の方々にはお気の毒というしかない。

 しかし、こうなってよかった面もある。それはこの国をどうやって守るのか、という国家防衛の根本問題について、いくばくかの議論が起こっていることである。自民党政権のまま、すんなりと辺野古に移転していたら、鳩山首相も「海兵隊は抑止力のために必要」という認識を持ちえないまま国会議員を続けていただろう。

 多くの国会議員をふくむ、平和ボケ、防衛音痴といわれる人々が、少しでも防衛問題に関心をもつようになるのは大歓迎だ。ことのついでにもう一歩踏み込んではどうだろうか。例えば、以下のような問いを設定してみるとよい。

 (1)在日米軍は日本の防衛と極東の安定にどれだけ貢献しているのか(抑止力についての勉強です)(2)国を守るためには軍隊が必要だが、軍隊の保持を禁止している憲法はこのままでいいのか(国民投票法も施行されました)(3)軍隊があれば基地がある。となれば基地は必要だが、自分の周辺に基地があるのはごめんだ、でいいのか(全体の幸福と地域エゴの矛盾ですね)

 まだある。(4)自分の国を守るのに、いつまでも他国の軍隊に頼っていていいのか。仮に頼るにしても、国家防衛の中心は自国の軍隊ではないのか(誰が何のために国を守るのかということです)(5)北朝鮮が核の保有を声高にいっているのに、これまで通りの非核三原則でいいのか(国を守るというのは現実論なのです)

 かつては非武装中立を叫んだ党も、いまや与党であるし、その昔、ソ連軍を世界の平和を維持する軍と言った政党もあったと記憶する。そうした戦後の残滓(ざんし)を何ら清算せずに、「県外」「国外」と叫んでみても、防衛問題の根本は解決しない。

 われわれの住むこのかけがえのない日本をどうやって守るのか、それにはどの程度の武器と人員と予算が必要であるのか、また、国民の防衛意識はどうあるべきなのか、国会はそういうことを、一度ぐらい真剣に、そしてとことん論じあってみたらどうだろう。(編集委員 大野敏明)

【関連記事】
若い才能のための羅針盤
「看護婦さん」のおかげ
反骨の活力を伝えたい
そんな組織は解散すべし
働く若者を増やさないと
中国が優等生路線に?

鹿も口蹄疫心配、でも対策が…頭抱える奈良公園(読売新聞)
臨場感あふれるお客様の生の声をホームページで紹介 ユーザーとともに広げるバリ取りの効率化・コスト削減
<生物多様性の日>大学生らが重要性を訴え 東京・渋谷(毎日新聞)
3億円余を不正送金か=フィリピン人の女逮捕―福岡県警(時事通信)
石川議員を午後にも聴取へ 小沢氏の共謀立証可否を確認 陸山会事件で特捜部(産経新聞)

支持率20%割れで首相「国民いらだち」(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は14日夜、時事通信の調査で内閣支持率が20%を切ったことについて「国民が今の政権に対して、『十分な成果が上がっていないじゃないか』といういらだちを強めておられる。政治とカネの問題も大きく影響している」と述べた。首相官邸で記者団に語った。

9割黒字に「儲けすぎ」批判 空港ビル会社厳しい局面に(J-CASTニュース)
抗がん剤ベルケイドを共同販促へ―ヤンセンと武田薬品(医療介護CBニュース)
皇后さま、赤十字大会に(産経新聞)
<千歳基地>電気工事で収賄容疑、空自技官を逮捕(毎日新聞)
介護者を支える「ケアラーズ連盟」発足へ(医療介護CBニュース)

高浜4号機で冷却水漏れ=定期検査中、周辺影響なし−関電(時事通信)

 関西電力は7日、高浜原発4号機(福井県高浜町)の原子炉補助建屋内で、定期検査中の先月16日、微量の放射能を含む1次冷却水漏れがあったと発表した。漏れたのは約2.5リットル、放射能量も約8万3000ベクレルで周辺への影響はないという。同社は、県が定める発表基準で軽微な例に当たるため、発表が遅れたとしている。 

【関連ニュース】
【動画】ナトリウム漏れから14年半 「もんじゅ」運転再開へ
【動画】もんじゅ、5月上旬にも再開=「前向きに」と福井県知事
【特集】もんじゅ運転再開〜信頼は取り戻せるのか〜
〔写真特集〕高速増殖炉「もんじゅ」
〔用語解説〕「もんじゅ」

<詐欺>警察官名乗りカードを詐取 100万円被害 奈良(毎日新聞)
普天間移設 社民・山内議員、官邸前で抗議…くい打ち反対(毎日新聞)
介護マンション詐欺容疑、会社社長ら聴取(読売新聞)
<普天間>社民党に「月内決着」先送り論 民主との関係模索(毎日新聞)
子ども手当、満額支給見送りを…民主党研究会(読売新聞)

強制起訴、有罪立証へ 明石歩道橋事故“急造検察官”困難な道(産経新聞)

 平成13年7月の兵庫県明石市の歩道橋事故で、神戸第2検察審査会による起訴議決を受け、指定弁護士は20日、全国初となる強制起訴へとこぎつけた。しかし、神戸地検が4度にわたって不起訴と結論づけた事案である上、短期間に十分な補充捜査を行えたとは言い難く、公判での有罪立証へ向けてさらなる困難も予想される。

 指定弁護士は今月15日、元明石署副署長の榊和晄(かずあき)被告(63)を任意で事情聴取した。だが、聴取そのものは3時間ほどで終わったものの、被告が調書へのサインを終えたのは出頭から10時間余りがたった深夜。「不慣れだった」という調書の作成に時間がかかったためだ。

 主任を務める安原浩弁護士は刑事裁判の経験が長い元判事だが、当然ながら捜査の現場に携わった経験があるわけではない。他の2人の指定弁護士も同様だ。

 まずは早期の起訴を優先したため、以前から要望を受けていた遺族への聴取も起訴後に行うことになるなど、積み残した補充捜査も少なくない。弁護側への証拠開示に3カ月の猶予を求める意向を示したことからは、地検から引き継いだ段ボール19箱に及ぶ証拠の精査が、現段階では十分ではないこともうかがわせる。

 今後は公判に向けて冒頭陳述や論告の作成、さらには被害者参加制度への対応を行っていかねばならない。もちろん、事故の予見可能性や注意義務違反など課せられた立証のハードルも低くはない。安原弁護士は19日の記者会見で「公判維持できる確信をもった」と自信をのぞかせたが、“急造検察官”が歩まねばならない道のりは、決して平坦ではない。

【関連:明石歩道橋事故】
次席検事「必要な協力を行う」 元副署長を強制起訴
検察官役弁護士「有罪を確信」 元副署長強制起訴
強制起訴へ異例の紆余曲折、JR脱線の議決も影響か
JR脱線、立証へ高いハードル 「市民感覚」過剰制裁の危険性も
明石歩道橋事故で検察官役の指定弁護士と遺族が面談

ネット利用した選挙運動、参院選から解禁へ(読売新聞)
<ヤマザキマザック>美術館オープン、絵画など展示 名古屋(毎日新聞)
<愛知3遺体遺棄>逮捕の3容疑者「被害者宅で殺害」と供述(毎日新聞)
クシュン!桜も身震い 仙台・3番目に遅い積雪(河北新報)
賠償命令26億円に減額=西武鉄道株名義偽装−東京高裁(時事通信)

触った相手は女性警察官=電車内、容疑で43歳男逮捕−警視庁(時事通信)

 電車内で女性警察官の体を触ったとして、警視庁成城署が東京都迷惑防止条例違反容疑で、多摩市諏訪、アルバイト豊島一宏容疑者(43)を現行犯逮捕していたことが19日、同署への取材で分かった。同署によると、容疑を否認し、「電車の揺れで手が当たっただけ」と供述しているという。
 逮捕容疑は16日午前8時55分ごろ、京王線上り電車内で、立っていた同署交通課の女性警察官(25)の下半身をズボンの上から手で触った疑い。 

【関連ニュース】
入省したての農水省職員逮捕=電車内で女子大生触った疑い
「痴漢は絶対に許さない!」=警視総監らがチラシ配布
救急救命士、盗撮の疑いで逮捕=コンビニで女子高生に
ベテラン刑事を盗撮、その場で御用=容疑の31歳男
逮捕の警部補、盗撮も=県警が懲戒処分

平城遷都1300年祭 和の匠と学者、熱い挑戦実る 困難極めた資料なき復原(産経新聞)
小学校の個人情報入ったUSB紛失 杉並区(産経新聞)
河村市長と議会、給与800万円で応酬(読売新聞)
<郵便不正公判>村木被告、涙で無罪主張 関与改めて否定(毎日新聞)
<メトロ千代田線>電車動かず 一時不通 5100人影響(毎日新聞)

<中国地震>氷点下の被災地 広がる喪失感 「孫はもう…」(毎日新聞)

 【玉樹(中国青海省玉樹チベット族自治州)米村耕一】中国青海省での地震発生から3日目の16日になっても、被災地では十分な飲み水や食料がなく、避難民たちは路上に布団を敷いて生活する状況が続いている。中国各地から投入された救援隊も高山病のためスローペースで活動せざるをえない。17日朝には、生存率が著しく低下する「地震発生後72時間」を迎える。被災地では、住民から「もう助からない」という声も漏れていた。

 「うちは孫2人を含む3人、あっちの家は8人、そっちは5人だ」

 被害がもっとも激しかった玉樹県結古鎮。がれきの山と化した住宅街で、チベット族の男性、ザードーさん(67)が絞り出すような声で、自宅と周辺の行方不明者の数を挙げた。倒壊した家々をさす指が震える。

 14日早朝、ザードーさんは農作業をしていた近くの畑で激しい揺れに襲われた。急いで戻った自宅は、コンクリート製の屋根が完全に崩れ落ちていた。「孫は5歳と6歳。可愛い盛りだった」

 一帯は100軒あまりの住宅密集地。中国共産党結古鎮委員会の事務所前で、がれきの下には高級車も埋まっている。必ずしも貧しい地区ではなさそうだが、原形をとどめている家はわずか数軒。母屋は倒壊し、立派な門だけが立っている家もある。

 16日朝、救助犬を連れた救援隊が回ってきた。

 「誰かいますか」

 救援隊が一軒一軒声をかけるものの反応はなく、孫2人が閉じこめられているはずのザードーさんの自宅の捜索もわずか数分で終わった。ザードーさんは「水や食料も届かないし、救助が遅い」と不満を口にした。

 海抜3700メートル前後の被災地は4月中旬でも夜間は氷点下10度近くまで下がる。2晩が過ぎた16日には生存への期待が急速に下がりつつあるのが現実だ。

 物資不足も深刻だ。暴動は起きていないが、支援物資を巡るトラブルは相次いでいる。玉樹県中心部の路上で15日夜、親族から届いた飲料水や食料の箱を手にした女性の周りに人が集まった。「少し分けてくれ」。「だめよ。これで数十人分なんだから。余分はないわ」。女性に食い下がった男性は、ペットボトルの水1本を奪って走り去った。

【関連ニュース】
中国地震:温首相が被災地で指揮 死者760人に
中国地震:日本政府、1億円上限に緊急無償資金
中国地震:「救援物資届かない」肩を寄せ合う被災者
中国地震:救助阻む高山病 1万人懸命の活動
中国地震:行方不明者は313人 温家宝首相も現地入り

がんリハ料、医学的に「正当」なら手術未実施でも算定可(医療介護CBニュース)
酒気帯び容疑の神奈川県議、議会懇親会後に運転(読売新聞)
裁判員判決、自衛官に有罪=先輩隊員を銃剣で切り付け−静岡地裁支部(時事通信)
<事業仕分け>川端文科相が枝野刷新相に苦言(毎日新聞)
大極殿 復元、内部を初公開 奈良・平城宮跡(毎日新聞)

進次郎氏も三原じゅん子を歓迎「しごきはボディーに」(スポーツ報知)

 自民党の小泉進次郎衆院議員(28)が8日、今夏の参院選で同党からの出馬が検討されている女優の三原じゅん子(45)を歓迎した。昨夏の衆院選で、民主党の小沢一郎幹事長(67)が擁立した「小沢ガールズ」に対抗するための目玉候補になる可能性が高い三原に「有能な方は男女にかかわらず大歓迎ですよ」。

 三原の出世作となったドラマ「3年B組金八先生」については「あまり記憶にないんです」というが、「僕をしごいていただく時はボディーにしていただきたいですね」と、ジョーク交じりに話していた。



 【関連記事】
進次郎氏VS亀井氏 「郵政」巡り因縁バトル
自民党が遊説担当に小泉ジュニアら起用
「もし諜報員なら」…進次郎氏、中井氏を批判
三原じゅん子、参院選殴り込み!小沢ガールズのボディ狙う!
小泉進次郎 衆院議員 三原じゅん子 を調べる

注目を集める布ナプキン 子宮疾患啓発から体と心見つめ直す(産経新聞)
<橋田賞>連続ドラマ「JIN−仁−」など受賞(毎日新聞)
携帯かゆみ・虫刺され薬「プチウナコーワα」を新発売―興和(医療介護CBニュース)
<殺人>アパートで68歳男性死亡 青森・十和田(毎日新聞)
納豆菌使った水浄化、丸紅が海外売り込みへ(読売新聞)

みやびな舞と宮中の桜を堪能 京都御所、春の一般公開始まる(産経新聞)

 京都御所(京都市上京区)の春の一般公開が7日、始まった。今季は「宮中の舞」を主なテーマに3種類の人形を使って日本古来の踊りを表現。訪れた人たちは皇族や宮廷の歴史に思いをはせながら散策を楽しんだ。

【フォト】みやびな舞と宮中の桜を堪能 京都御所、春の一般公開始まる

 一般公開では、神武天皇の武運を祈って踊った「久米舞」や祭事で神に奉納する舞「和(やまと)舞」、「五節舞」を人の丈ほどの人形で表現。きらびやかな衣装に身を包み、勇ましく太刀を振りかざした人形が古来の雅楽を再現している。

 10、11の両日には雅楽の演奏や蹴鞠が行われるほか、紫宸殿(ししんでん)の「左近の桜」も見ごろを迎えている。

 公開は11日まで。

【関連記事】
モモの花 京都御苑 可憐なたたずまいに春の訪れを見た
「桜の通り抜け」4月14〜20日に開催
桜 醍醐味 秀吉やサルトルもめでた美、いま盛り
大阪、神戸で桜満開 花見日和は6日まで
関西プレスクラブが例会 京都吉兆社長が講演 大阪
「中国内陸部の資源事情とは…?」

<QVCジャパン>不当表示で3度目の改善命令 消費者庁(毎日新聞)
<高校無償化法案>31日成立へ 参院文教科学委で可決(毎日新聞)
SS、ベスーン容疑者を傷害などの容疑で追送検(産経新聞)
期限切れワクチン、確認せず接種=中高生4人に−千葉・袖ケ浦(時事通信)
首相動静(4月2日)(時事通信)

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
リンク
クレジットカード現金化
カードでお金
競馬情報
ショッピング枠現金化
即日現金化
携帯ホームページ
クレジットカード現金化
無料ホームページ
selected entries
archives
recent comment
  • 死刑執行は慎重に考えたい…再任の千葉法相(読売新聞)
    カナ (08/27)
  • 死刑執行は慎重に考えたい…再任の千葉法相(読売新聞)
    紳士28号 (06/04)
  • 死刑執行は慎重に考えたい…再任の千葉法相(読売新聞)
    ほんてり (01/19)
  • 死刑執行は慎重に考えたい…再任の千葉法相(読売新聞)
    志波康之 (01/13)
  • 死刑執行は慎重に考えたい…再任の千葉法相(読売新聞)
    桃医 (01/08)
  • 死刑執行は慎重に考えたい…再任の千葉法相(読売新聞)
    タンやオ (01/01)
  • 死刑執行は慎重に考えたい…再任の千葉法相(読売新聞)
    まろまゆ (12/23)
  • 死刑執行は慎重に考えたい…再任の千葉法相(読売新聞)
    きんちゃん (12/17)
  • 死刑執行は慎重に考えたい…再任の千葉法相(読売新聞)
    ばきゅら (12/08)
  • 死刑執行は慎重に考えたい…再任の千葉法相(読売新聞)
    ちんたまん (12/04)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM